Taro's diary

料理・旅行など生活にかかわる情報を発信していきます

高配当銘柄で利回り5%を目指す!まずは月1万円の配当所得を得るための活動

1年半前から、将来の安定的な配当金所得を得るために、高配当 & 株主優待で利回り5%を目指して運用を開始しました。

現時点の結果としては、投資額約120万円で配当金58,900円と株主優待約14,500円相当を手に入れることができています。

銘柄一覧は以下の通りでコメダHDと日本たばこ産業は株式を購入した時から評価額が下がっており評価損を抱えていますが、伊藤忠商事の株価が3割程度伸びているためポートフォリオ全体としては評価益も大きくプラスになっています。

ただ、コロナショック後の大幅な株高の恩恵は大きく享受できていませんが、安定的な配当金と株主優待を得ることが目的となっているため評価益はマイナスとならなければよいと考えています。

銘柄セクタ景気感応度購入時株価配当株数配当金株主優待
ソフトバンク通信ディフェンシブ125,000851008,500 
ビックカメラ家電量販景気敏感118,000201002,0004,000
KDDI通信ディフェンシブ300,00011510011,5003,000
コメダHD飲食ディフェンシブ205,000511005,1002,500
オリックスリース・金融ディフェンシブ140,000761007,6003,000
伊藤忠商事商社景気敏感210,000881008,800 
日本たばこ産業たばこディフェンシブ215,00015410015,4002,000
  1,223,000  58,90014,500

1年半くらい運用を続けてみた感想は、配当所得を得るためにははやり、元銭が重要ということです。

120万円を運用しても得られるリターンは優待含めても7万円程度のため、一気に資産を増やすことは難しいと思いました。

また、日本たばこ産業は株価が右肩下がりで、配当落ち後は配当額以上に株価も暴落することから、仮に減配となった場合は大幅な株価下落リスクも抱えています。

コメダHDはコロナ後の経済ではしっかり復活できる銘柄のためしばらくは評価損を抱えますが、いずれ復活すると確信しておりホールドします。