Taro's diary

料理・旅行など生活にかかわる情報を発信していきます

ソフトバンク[9434] 2020年3月期 第3四半期 決算発表 増収増益

ソフトバンク[9434]が2020年3月期 第3四半期の決算発表

f:id:TaroTaroGoGo:20200207181327p:plain
決算資料より

決算概要(比率はZHDを訴求後)

売上高 3.6兆円+5%増

営業利益 7,952億円+9.0%増

純利益 4,691億円+3%増

f:id:TaroTaroGoGo:20200207175339p:plain
決算資料より

f:id:TaroTaroGoGo:20200207174721p:plain
決算短信より

売上高・営業利益ともに全事業増収/増益を達成

f:id:TaroTaroGoGo:20200207175217p:plain
決算資料より
 

通期の業績を上方修正

ただし、配当金は一株当たり85円を据え置き

ブロードバンドの売上、Ymobileの契約数増加、スマートフォンの解約率低下などにより業績が好調

f:id:TaroTaroGoGo:20200207175723p:plain
決算資料より

LINE統合

ZホールディングスとLINEの経営統合が2020年10月に予定されており、LINE(月間利用者8,300万人)とYAHOO(月間利用者6,743万人)を有する巨大な経済圏を確立。LINE PayやPayPayが統合することでスマホ決済では圧倒的なシェアとなる。

f:id:TaroTaroGoGo:20200207180147p:plain
決算資料より

まとめ

増収増益となったが年間配当は85円で据え置き。上場から株価がさえないが配当利回りが高く、景気にも影響を受けにくいビジネスモデルのため安定感あり。今後の成長領域であるスマホ決済、タクシー配車(DiDi)や統合予定のLINEとのシナジー効果を期待したい。

過去記事 www.lifebeter.work

www.lifebeter.work