Taro's diary

料理・旅行など生活にかかわる情報を発信していきます

初心者・あまりお金をかけられない人向け ミラーレス・一眼レフカメラについて

「カメラを始めたい」、でも「あんまりお金をかけられない」方向けに「あんまりお金をかけていない(かけれない)」筆者がカメラの種類から選び方を簡単に説明します!

 

↓愛用のOlympus  小型軽量一眼OM-D E-M10 Mark III with 望遠レンズ(かっけぇ!)

カメラとしては2代目で、最初はミラーレス(Panasonic Lumix)を持ってましたが、一眼のMarkⅢに切り替え。付属品等込みで10万~11万くらいでした。

 (1)カメラの区分定義

 (2)レンズキットの選び方

(3)購入が必要なものリスト

 

(1)そもそも、当初はデジカメ・一眼・ミラーレスってなに

両方ともデジカメの一種といえますが、定義すると

・コンパクトデジタルカメラレンズ交換ができない

デジタル一眼レフカメラ/ミラーレス ⇒レンズ交換ができる

   レンズ交換により倍率を替えたりでき、幅が広がります。

さらに、ミラーレス/一眼レフの違いは

カメラの本体の中に「ミラー」があるか、ないか

ある⇒一眼レフ

ない⇒ミラーレス(ミラーがないからミラーレス) 

f:id:TaroTaroGoGo:20190526173834p:plain

キャノン公式HPより(https://cweb.canon.jp/eos/special/beginner/column6/)

一眼レフだと、ファインダーを通してピントを合わせられます。その他、写真を撮ってる感がありま。逆にミラーレスだとファインダーが無く液晶画面のみ(その分は軽量)

f:id:TaroTaroGoGo:20190526173518p:plain


ファインダーがあるのでピントを合わせやすいのが「一眼レフ」だがその分重量が重くなる

よって、

・「一眼レフ」⇒動きが速いものにピントを合わせる、ファインダーを覗いて本格感を味わいたい

・「ミラーレス」⇒持ち運び(旅行など)に便利

 

(2)レンズキットの選び方

①ボディ  カメラ本体(バッテリー/充電器)のみ

  レンズはついていない よって写真が撮れないので要注意

②ズームレンズキット カメラ本体+レンズ1本

③ダブルズームレンズキット カメラ本体+レンズ2本 ①の本体にレンズが2本つきます

(左 標準ズームレンズ 右 遠望ズームレンズ)

最初はレンズキットの方が単体でレンズを買うよりもお得。レンズはレンズは安いものでも2~3万するのでセットで購入した方がお得。

 

(3)購入が必要なものリスト(カメラ・レンズ以外) ★=Must ○=任意

★SDカード

こまめにデータを移しかえるので16Gを使用。主としてSDカードに保存する場合は32G以上がおすすめ。

★レンズ保護フィルター プロテクターとも呼びます。 以前にカメラを落とした時がありましたが、プロテクターが割れただけでレンズは無事でした。

f:id:TaroTaroGoGo:20190526175007p:plain

上の部分がプロテクター レンズを保護します

f:id:TaroTaroGoGo:20190526164125p:plain

↑プロテクターが割れましたが、おかげでレンズは無事

その他は任意ですがあったほうがいいと思います(予算との兼ね合い)

○液晶保護フィルター ○カメラケース ○レンズペン・レンズクロス ○ストラップ

○予備バッテリー ○カメラバック ○ブロワー ○予備のバッテリー SDカード

デジタルフォトフレーム(これ、常時写真を見るのみ使えます)

 

カメラは中古でも高く売れるので、買った時の箱は大切に保管しましょう。

以前に売ったミラーレスは2年使いましたが買値の70%程度で売れました。

 

正直カメラは見た目の好み、持ちやすさ、予算との兼ね合いで決めればいいと思います。

 

次回、撮り方について